ストリートサーフィンのエアタイヤキックボード!乗り心地抜群のXPS AIRをレビュー!

こんにちは、“ひで爺”こと大原秀明です。
今回のキックボードレビューはK-BIKEシリーズを出しているStreet Surfing社から出ているエアタイヤのXPS AIR
これは、「折りたたみ式では最速!!」と以前に紹介したXPR205の上位版で、折りたたみ構造がグレードアップされています。

実は一般的な折りたたみ式のキックボードで、エアタイヤ仕様を紹介するのは、フレンジーのFR205P以来、3種類目です。
意外と少ないのは、エアタイヤを避けているのではなく、もともと希少種なんですね。
しかも、ガタガタ音がしないなど快適さの観点では、エアタイヤはそれだけでとても優秀です。

結論から言いますと、滑走性能は同じエアタイヤのフレンジーFR205Pより良いです。
ただ、ハンドルグリップが折りたためないのが用途減。電車・バス利用なし前提でなら選ぶ価値は高いと思います。

それでは、レビューしていきましょう!

Street Surfing XPS AIR

合計:36点(60点満点)

1. 滑走性能:7
2. 乗り心地:8
3. 安全性3
4. 持ち運び:4
5. クオリティ:7
6. メンテナンス:7

評価方法
評価は10段階評価として6項目を評価します。
以前は5段階でしたが、微妙な差異もあるので10段階にしました。
評価方法を直し中ですが、参考記事としては10台以上乗り比べて分かった! キックボード選びで大切な5つのポイントをご覧ください。
※第5項目を「デザイン」から「クオリティ」に変更しております。
デザインは主観的なので、より客観性のあるクオリティとしました。
created by Rinker
Street Surfing(ストリートサーフィン)
商品詳細

実売:16,780円
素材:6061アルミニウム合金
タイヤ:前後輪205mm×37mm INOVA製エアタイヤ
ホイール:強化プラスティック
ベアリング:不明
耐荷重:100kg
重量:4.4kg
全長:87cm
ハンドルの高さ: 80~102cm 4段階
付属品: 説明書、六角レンチ2本

箱の仕様はXPR205と同じで少しだけ大きい。

XPR205と同じでハンドルバーを組み立てる必要があります。

付属品は共通

1. 滑走性能:7点

・前輪

・後輪

60PSI(420Kpa)の空気圧が良いのか、ホイール形状が良いのか、滑走感としてはエアタイヤなのに速いのは魅力
前回紹介したオスプレーが80PSIだったので、それよりは低圧ですが、幅が狭く接地面が少ないからか、タイヤパターンがオンロード仕様のためなのか、オスプレーよりも速いと感じました。
もちろん、エアタイヤなので路面状況を選ばないオールラウンダーなのは魅力です。

綺麗な路面 粗い路面 タイル道 オフロード
路面適正

スピード:6点(10点満点)

2. 乗り心地:8点

・ハンドル

ハンドルグリップやハンドルバーはXPR205と同じようです。

幅48cmで固定タイプなので安定感が高く、滑走時の力の逃げがありません。
簡単に言えば、走りが速くて安定感あります。
グリップが単純な円柱系ですが、エアタイヤで振動を消していますので手に来る振動もほぼなく、乗り心地は抜群です。

ハンドル高さ:4段階
・最短固定無し:80cm
・ピン固定:92cm・97cm・102cm

ハンドル幅:48cm

・デッキ広さ

幅14cm×長さ32cm

・デッキ高さ

9.0cm

・エアタイヤ

空気圧:60PSI(420Kpa)

このおかげで、滑走性能だけでなく、快適性も非常に高いです。
音の元は振動から生まれることが多いのですが、エアタイヤで軽減しているので音も静かで気持ち良いです。
さらにハンドルグリップを折りたたまない設計は力を伝える際に無駄が少なく、滑走時の気持ち良さにつながってます

バルブは曲げ加工あり。

空気を入れる際はバルブを少し曲げる必要はあるが、フレンジーのストレートタイプよりもかなり入れやすいと思います。
ベアリングはインラインスケートやスケートボードよりも大きなタイプのベアリングです。

スタンド付き。

3. 安全性:3点

フットブレーキはカバー状になっているためか非常によく利きます。

4. 持ち運び:4点

折りたたみ方法
  1. 初期状態だと足では無理なので、手で1段階押し下げます。
    (※この手順は後に説明する調整をすると不要になります)
  2. 手で押し下げたら後は足で押し下げれば折りたたみできます。

・折りたたみ状態

ハンドルグリップは折りたたみできません。

XPR205から改良されているのか、この状態で自立します。
置きやすくなったので非常にうれしい違いです。

・折りたたみから滑走状態へ

ハンドルをあげるだけで折りたたみ解除になりワンタッチで滑走状態になります。

補足

調整ネジを上手く使うと足だけでワンステップで折りたたみができます。

このネジはステアリングポストのガタツキ調整にも使えますが、実は折りたたみの時の『手で1段階押し下げる』手順を省略することが可能になります。
ネジを締めるとステアリングポストを起こす角度を浅く出来るのでそういうことが可能です。
ネジは一本でいいはずなのですが、なぜか2本あります。
浅く設定すると折りたたみが非常に楽になりますが、滑走中に折りたたみレバーを踏まないように注意が必要になります。

このレバーを下に押し下げるだけで折りたたみ可能に調整できます。
溝からネジの頭がちょっと出るぐらいに設定するとワンアクションで折りたたみ可能になります。

箱出し状態では足で押し下げることはできません。
これは滑走中に誤って足で踏んでしまい折りたたみにならないようにしているからかと推測します
安全性と折りたたみ易さ、どっちをとるか!?とう設定が可能になりますね。

・全長:87cm

・重量:4.4kg

XPR205よりも200gほど軽いようです。

5. クオリティ:7点

デッキの模様やカラーリングはシックでかっこいい!この折りたたみ部分のデザインも単純なキックボードとは違うカッコよさがありますね。

ちょっと気になる点が、、、

折りたたみロック機能がないのでステアリングコラム(手で持っている部分)を持つとぶらんぶらんとちょっと開きます。
これを利用して片手で折りたたみ解除できるのは大きな利点でもありますが、ぶらんぶらんは持ち運び時にはちょっと気になるかも!?
振るだけで折りたたみから滑走状態に変形するのは魅力なので、気になるだけで大きな減点にはならないとは思います。

6. メンテナンス:7点

組立は付属のレンチを使い、ハンドル部のネジを外し、カバーを外して

ハンドルバーを乗せて

外した手順で、カバーを乗せ、ネジを締める。
ハンドルバーを大体真ん中に置くのがちょっと判り難い。

タイヤのメンテもバルブが斜めになっているので、他機種よりは空気を入れやすい。

それでもバルブを少しだが曲げなくてはいけない。

初回にちょっとですが組立が必要です。
エアタイヤなので空気圧のチェック、空気を足す作業は必要になります。

総評

良い点
  • エアタイヤとハンドルが1本構造だから、ガタガタがなく乗り心地が抜群
  • エアタイヤの空気圧も高く、一蹴りの伸びがとてもいい。速い。
  • 土道や河川敷も走れて、路面を選ばない。
  • 折りたたみはできるので、車などでの持ち運びはたやすい。
  • ワンアクションで滑走状態にすることが可能だから、車移動や家から出発する時に非常に向いた機種
悪い点
  • ショルダーストラップが無く、ハンドルグリップが折りたためないため、電車やバスなどへの持ち込みは不向き。
  • 空気圧のチェックが必要。

折りたたむこともできるので、折りたたみができない機種よりも場所を取らずに収納できて、滑走する時は瞬時に滑走状態にできる。
滑走感も快適で静か、スピードもエアタイヤの割に速い。
電車、バス移動さえ考えなければかなり快適な機種と言えますね!

created by Rinker
Street Surfing(ストリートサーフィン)

今回紹介したXPS AIRのほかに、折りたたみ構造がワンタッチでないところ以外ほぼ同じような、XPR AIRという商品もありました。
価格はその分、お安くなっているみたいです。

created by Rinker
Street Surfing(ストリートサーフィン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヒデ爺

インラインスケート講師

日本ローラースポーツ連盟の公認指導者であり、日本インラインスラローム協会監事。
1998年に友人に誘われたのをきっかけにインラインスケートを始め、2003年には当時最有力インラインスケートブランドであるSALOMONの契約スケーターとなる。
現在は北は北海道、南は沖縄、と日本全国で子どもたちを主な対象としてインラインスケートの講習会を開催し、これまでに数万人にインラインスケートの素晴らしさを伝える活動をしている。
競技者としても優勝経験多数、現在は大会のデモンストレーションや審査員を務めている。

著書:完全監修本『インラインスケート基礎テクニック&トリックスラローム完全マスターBOOK』